トイレの水漏れ修理は自分でできるのか

トイレ 水漏れのトラブルは頻繁に起こるものではないとしても、突然やってくるので多くの人は慌ててしまいます。例えばウォシュレットの水漏れにはどんな原因があるのか知識を頭の片隅に置いておくと、突然のトラブルでも冷静に行動できるのではないでしょうか。

■ウォシュレットを自力で直すのは危険が伴う

トイレに入ろうとしたら目の前で大量に水漏れが起きていたらすぐに気が付きますが、少しずつジワジワと水が漏れている場合は気づくまで少し時間がかかることもあるでしょう。素人目に見ても自力で修理できないことは分かっているものの、気持ちが焦ってしまうとなんとか自分で直せないかと修理を試みようとすることもあるでしょう。
ウォシュレットタイプのトイレの場合は、それぞれの部品が接続しているところから水が漏れたり、ボタンを押していないのにノズルから水が漏れていたり、よく見るとボタンがある裏のところから漏れていることもあります。さらに水を貯めておくタンクから少しの量が漏れる状態も珍しくありません。
特にジワジワとかポタポタと静かに水が漏れているような状況は、なんとなく自分で直せそうな気がするという人もいるでしょう。家にある粘着テープで止めればとりあえずなんとかなるだろうと思っても、これだけでは水漏れのトラブルを改善できるものではありません。

■ウォシュレットタイプのトイレは精密に出来ている

ウォシュレット機能のあるトイレは、ただ水を流すだけでなく、ノズルからお湯が出たり、便座を温めるなど精密に動く性能によって快適なトイレ空間を生み出しています。そのため、水が漏れているなら防げばいいという安易な方法では直せないことが多いのです。精密な機械の故障のせいで水漏れトラブルが起きている可能性もあります。
もしも精密な機械が故障していることでトラブルが起きているのだとしたら、専門知識のない素人には簡単に直すことはできません。むしろ、知識がないまま直そうと触ってしまったことが原因で状況がさらに悪くなることも考えられます。ウォシュレットタイプの場合、自力で直そうとした結果トラブルがさらに大きくなり、ウォシュレット本体そのものを交換する必要がでてくることもあります。こうなると修理費も高くなってしまうことも少なくありません。安易に自分で直そうとしないで専門業者に依頼するほうが安かったというケースもあります。

■まとめ
自分で直している途中でコードが水で濡れてしまったこと漏電が起こり火災に繋がることもあります。実際にこのようなトイレ 水漏れトラブルが起きたという事例もありますから、もしもウォシュレットタイプのトイレで水のトラブルが起きた場合は、できるだけ早めに専門家へ相談をして修理を依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ