トイレの交換修理が必要な水漏れトラブルを起こさないために

ウォシュレットトイレで水の水漏れトラブルが起きてしまったら、多くは業者に修理してもらうことで悩みを解決できます。プロに任せれば安心と言っても、トラブルが頻繁に起きてしまっては大変です。日ごろからどんなことを意識すればトラブルが起こらないか、予防法をぜひ覚えておきましょう。

■意外に見逃しがちなトイレの温度や湿度のこと

寒い冬でも温かく過ごせるトイレは本当に快適です。特に年配の方は寒さ厳しい季節になるとヒートショックで体に大きな負担がかかるので、トイレが温かいことは健康を守るためにも最適でしょう。そこで、いつも安心してトイレを使うために気を使いたいのが温度や湿度です。トラブルが起きてしまうとウォシュレットの交換が必要な場面もでてくるので、温度や湿度を気に掛けるようにしましょう。
例えばトイレの室内の温度が暑すぎる状態のままウォシュレットタイプのトイレを使うとします。するとウォシュレットトイレの本体そのものが熱を持ってしまい、故障してしまうほどのトラブルが起こる可能性がでてきます。可能な限りトイレ室内の中の温度が高くならないように換気扇を使うか、窓を開けるなどして温度を調節する必要があります。逆に寒さが厳しいときはウォシュレットの水が凍ってしまうこともあるので、トイレ内の温度を温かくするか、水抜きをして凍結しないような対策を施しましょう。

■定期的に汚れをキレイにしよう

毎日お掃除をしていても、隅々まで丁寧にするのはなかなか難しいところです。ただし、汚れはトイレの交換が必要になるようなトラブルを招くこともありますから、汚れているところを清掃するだけでなく、定期的にトイレの本体をキレイにしたり、部品の接続部分に手入れや掃除をしてホコリを取り除きましょう。
ウォシュレットのトイレは精密な機械を使っているので、トイレ内の湿度が上がってしまうと機械に悪影響を及ぼします。場合によっては結露によって水滴が付着してしまったり、カビが発生することもあり、部品の劣化が早くなります。換気扇がある場合は換気扇のスイッチをオンにしたり、窓やドアを開けて換気したりすることを心がけておくようにしておきましょう。

■まとめ
専門家による水漏れ修理をできるだけ必要としない状況を作るためには、トイレの使い方がポイントになります。家族と一緒に暮らしている場合は、家族みんなで協力してトイレを快適に使うための工夫を続けていくように一度話し合ってみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ